nagano国際音楽祭

澤 和樹  Kazuki Sawa

 音楽監督・指揮・ヴァイオリン&ヴィオラ
 弦楽アンサンブル指導

    
    

              Photo by K.Miura

4歳よりヴァイオリンを始める。1979年、東京藝術大学大学院修了。「安宅賞」受賞。ロン=ティボー、ヴィエニアフスキ、ミュンヘンなどの国際コンクールに入賞。イザイ・メダル、ボルドー音楽祭金メダル受賞などヴァイオリニストとして国際的に活躍。'80年より文化庁在外研修員としてロンドンに派遣され、ジョージ・パウク、ベラ・カトーナ両氏に師事。'84年に東京藝大に迎えられるとともに本格的な演奏活動を開始。'89年には、文部省在外研究員としてロンドンの王立音楽院に派遣され、さらに研鑽を重ねた。この時期、アマデウス弦楽四重奏団メンバーとの出会いにより澤クァルテットの結成を決意する。'96より指揮活動を開始。九州交響楽団、東京フィル、日本フィル、札幌交響楽団、紀尾井シンフォニエッタ東京にも客演し好評を博す。2004年、和歌山県文化賞受賞。東京藝術大学音楽学部教授、音楽学部長を経て2016年4月より東京藝術大学長に就任。英国王立音楽院名誉教授。響ホール室内合奏団ミュージックアドヴァイザー。千里フィルハーモニア・大阪常任指揮者。和歌山県立図書館音楽監督。

     
ソンシク・ヤン

ソンシク・ヤン Sungsic Yang

 ヴァイオリン


         

ソウルフィルハーモニー管弦楽団と11歳でコンチェルトデビューを果たし、その後パリ国立高等音楽院を経てロンドンのギルドホール音楽院に特待生として招かれる。17歳でパガニーニ国際コンクール3位、1988年カール・フレッシュ国際ヴァイオリンコンクール1位、ロン=ティボー国際コンクールやインディアナポリス国際ヴァイオリンコンクール等で入賞する。1988年にはロリン・マーゼルのフランス国立管弦楽団音楽監督就任記念公演でソリストとして抜擢されパリでのデビューを果たす。各国の著名なオーケストラと協演を重ねている。CDも多数リリース。パガニーニ国際コン クール、ロン=ティボー国際コンクール、宗次エンジェルヴァイオリンコンクール等の審査委員を務め、2017年東京藝術大学客員教授に就任し後進の指導にあたる。エラート・アンサンブルの音楽監督として室内楽奏者としても積極的に活動中。

  

ジュラ・シュトゥッレール

ジュラ・シュトゥッレール 

 ヴァイオリン


         

1962年にハンガリーのブダペストの音楽家の家族に生まれたジュラ・シュトゥッレールは、フランツ・リスト音楽院で学び、79年のヨーゼフ・シゲティ国際コンクールでの成功の後、ソリストとしてウイーン、ベルリン、プラハ、ロンドン、モスクワなどヨーロッパ主要都市での演奏を開始した。81年に奨学金を得て、ロンドンのギルドホール音楽院で、同郷の世界的ヴァイオリニスト、ジョルジ・パウク教授のもとで研鑽を積む。その後、85年にはイタリアのロドルフォ・リピッツァー国際コンクールで入賞。86年にはティボール・ヴァルガ国際コンクールで優勝を果たした。この間、ナタン・ミルシュタイン、シャンドール・ヴェーグ、ティボール・ヴァルガなどの巨匠の薫陶を受ける。ティボール・ヴァルガのアシスタントを勤めるかたわらドイツのデトモルト室内管弦楽団のコンサートマスターも務めた。90年には、スイスのローザンヌ室内管弦楽団のコンサートマスターに就任し現在に至る。教育者としてもこれまでにティボール・ヴァルガ音楽院、フリブール音楽院、シオン音楽院で教鞭をとり、現在はローザンヌ高等音楽院の弦楽主任教授を務めている。2018年度、東京藝術大学特別招聘教授。

  

三上 亮 Ryo Mikami

 ヴァイオリン

         

東京藝術大学首席卒業後、南メソディスト大学メドウズ音楽院、ローザンヌ高等音楽院、インターナショナルメニューイン音楽アカデミーで研鑽を積む。その間、日本音楽コンクール、ブリテン国際コンクール、ストラディヴァリウスコンクール等で入賞。2007年までカメラータ・リジー、カメラータ・ローザンヌのメンバーとしてヨーロッパ各地で活動後、2011年まで札幌交響楽団のコンサートマスター、New Kitaraホールカルテットのメンバー。現在はゲストコンサートマスターとして全国のオーケストラから招待される他、2008年からヴィルタスクヮルテットの第1ヴァイオリン奏者を務めている。またサイトウキネンオーケストラ、水戸室内管弦楽団への参加や、日本音楽コンクールの審査員就任など、幅広く活躍している。2019年4月より東京藝術大学 非常勤講師。使用楽器は1628年製 ニコロ アマティ。

 
   
中澤 きみ子

中澤 きみ子 Kimiko Nakazawa

 ヴァイオリン

    

    

新潟大学を卒業。ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽院にて研鑽を積む。1991年にウィーン室内管弦楽団のメンバーと「アンサンブル ・ウィーン東京」を結成し、現在も活動を続けている。2000年、文化庁芸術家海外派遣員としてオーストリア・ウィーンに滞在。その後、ウィーン室内管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団などと共演。2007年にはアントルモン 指揮スーパーワールドオーケストラ全国ツアーでソリストを務 めた。2011年から5回にわたり「モーツァルト+1」と題して、毎年 モーツァルトの誕生日にリサイタルを開催。今までにイタマール・ゴラン、アンサンブル・ウィーン東京、宮田大らと共演し、好評を博している。CDも数多くリリース。特にモーツァルトのソナタ全集、協奏曲全集等が絶賛されている。また、演奏活動のかたわら、国際 ヴァイオリンコンクールの審査員や、国際音楽祭の講師として招聘され、次代を担う若手ヴァイオリニストの育成にも力を入れている。また龍村仁監督の最新作映画「地球交響曲第8番」に夫の弦楽器製作者中澤宗幸とともに出演。演奏は音楽としても 全編を通し、各所で使われている。使用楽器:ストラディヴァリウス1714年製

公式サイト         Twitter 
http://www.kimiko-vn.net  https://twitter.com/kimiko_nakazawa

碓井 俊樹

碓井 俊樹 Toshiki Usui

 ピアノ 講師・伴奏

    

東京藝術大学付属高校を経て同大学、ザルツブルク・モーツァルテゥム芸術大学にて学ぶヴィオッティ国際音楽コンクール、オランダ・ミュージック・セッションにて入賞、カントゥ国際音楽コンクールにて優勝、ウィーン前衛芸術団体TAMAMUより現代芸術特別賞も受賞する。名門キエフ国立フィルハーモニー管弦楽団とのシューマンピアノ協奏曲がCDで発売され好評を博している。国内外のオーケストラとの共演も多く、欧州・アメリカ・中東・アジアと多彩な演奏活動を行っている。現在東京とウィーンに在住。

   公式サイト 
    http://toshikiusui.com/

大須賀恵里

大須賀 恵里 Eri Osuga

 ピアノ 伴奏

    


            

桐朋学園大学音楽学部卒業。蓼科高原音楽祭で音楽祭賞を受賞。寺西昭子、高野耀子の両氏に師事。 また京都フランス音楽アカデミーにて室内楽ピアノをクリスチャン・イヴァルディに師事。高い評価を受け、以後当アカデミーの公式伴奏者として招かれる。1995年ニューヨーク・フィルハーモニックのメンバー、V.ツィピン(Vn)E. ベネデッティ(Vc)からなる「ザ・ニューヨーク・トリオ」のピアニストに選ばれ、国内5都市での来日公演に出演。徳永兼一郎(Vc)、原田幸一郎(Vn)、毛利伯郎(Vc)、ペーター・ヴェヒター(Vn)など、内外の著名演奏家と数多く共演する他、R・パスキエ、G・プーレ、J−P・ヴァレーズ、W・マシュナー、D・ゲーデ、S・ルセフなど著名ヴァイオリニストのマスタークラスのピアニストを務め、室内楽ピアニストとして第一線で活躍。95年に始めた「大須賀恵里ピアノ室内楽演奏会」は好評を博した。10年3月まで桐朋学園大学音楽学部弦楽科嘱託演奏員を務め、同年夏より「蓼科クロイツェル音楽祭(16年より信州クロイツェル音楽村)」を主宰。13年6月「Andiamo」大須賀恵里ピアノ室内楽演奏会全3回シリーズを開催。16年6月九州筑豊、8月水戸、17年7月東京浜離宮朝日ホールにて若手演奏家支援を内容の軸とした「Andiamo Part 2」室内楽演奏会シリーズを新たにスタート。17年1月よりFM 川口「E-friends〜世界に羽ばたく音楽家たち〜」(毎週土・日曜日朝7時〜8時、夜11時〜再放送)のパーソナリティを務める。


   オフィシャルサイト
    http://eriosuka.sakura.ne.jp/

奥泉 貴圭

奥泉 貴圭 Takayoshi Okuizumi

 チェロ 伴奏

    

東京芸大附属音高を卒業後、ドイツ・トロッシンゲン音楽大学を経て、2007年より2年間バイエルン国立歌劇場の契約団員として研鑽を積む。 2006年度文化庁在外研修員。帰国後、2016年まで上野学園大学講師、現在はソロ、オーケストラ客演首席、室内楽奏者、レコーディングなどの活動を行う。