長野国際音楽祭
nagano国際音楽祭
 
for English lesson information
for English schedule information

「NAGANO 国際音楽祭」は1986年、長野県上田市出身の中澤きみ子(ヴァイオリン)、兎束俊之(ヴィオラ)とウィーン在住のルードヴィッヒ・ミュラー(ヴァイオリン)、ゲオルク・ハーマン(ヴィオラ)が講師となってはじめた小さなヴァイオリン、ヴィオラセミナーが原点となって発展した音楽祭です。2004年には、母体となるNPO法人「NAGANO音楽教育支援センター」も設立されました。将来が期待される音楽家、音楽を愛する人々が夏の信州に集まり、国際的レベルな講習会と演奏会を開催することを通じて、地域や日本の音楽文化向上と繁栄に寄与することを目的としております。

NAGANO国際音楽祭実行委員長
中澤宗幸

実行委員長

中澤 宗幸

音楽監督

ルードヴィッヒ・ミュラー

音楽監督補

中澤 きみ子

副実行委員長

田口 誠道

事務局

中村 由美子

ほか実行委員・推進スタッフ